ディスプレイスペースの都合もあり、ムルシエラゴは先日ゲットした一番お気に入りのモデルLP640で満足と言うことにしたつもりですが、どうしてLP640は初期型よりも(個人的に)格好良いのだろう?と日々思うようになり、ネットで画像を検索しては比較検証の日々。
DCIM1817.jpg
そして、タイミングよく?つい魔が差して?オートアートの1/18ジャンク品を込み込み2000円以下でゲットできてしまいました・・・(笑)

DCIM1818.jpg
主なジャンク箇所はドアミラーとワイパーが無い事で、少々の傷はコンパウンドで消せそうです。ところで、ドアウインドウが無いのですね。ジャンクだから?元から???いじりかけが多数あるのにどうしましょう・・・(滝汗)

2.jpg
こんな比較がしたかったのです!パネルラインは同じで、6.2はリアバンパーエンドが高いにもかかわらず、後傾気味に見えます。実車と比べると、リアの車高が低すぎますね。

DCIM1823.jpg
フロントのエアインテイクは、6.2はディアブロ6.0の面影を残し、LP640は後のアベンタドールをわずかながらに感じさせるデザインですね。

DCIM1822.jpg
LP640はノーズ延長に伴い先端が低く、かつ下部へも少しボリュームアップしています。単純にノーズが長くなっただけは無かったのですね。

DCIM1820.jpg
リアは、バンパー下部が黒くディフューザー風デザインになったLP640は精悍ですが、カウンタックの面影を残した初期モデルも少々古臭く感じますが長い目で見ると悪くないと思います。好みの分かれるところですね。


ランボルギーニ ムルシエラゴ(楽天)



関連ページ
お気に入りのランボルギーニを探そう!

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://carrozzerriapassione.blog101.fc2.com/tb.php/278-c9ce53db