c_countach_LP500Si9.jpg
⑦LP500Si最大の特徴がこれです。
アニバへのモディファイを担当したホラチオパガーニ氏が
提案したと言われるリアスポイラー付の
アニバのスケッチを参考にしてみました。
(ROSSO別冊スーパーカーインデックス2 Lamborghini(楽天で探す)参照)

過去のカウンタックには見られないストレートタイプのスポイラー、
LP500Sを髣髴とさせる?前傾しているステーが気に入っています。
アニバに痺れたのは確かですが、作るのが嫌いな
私の重い腰を上げさせたのが、この基になっているスケッチなのです。
リアスポイラーの取り付け基部は0.3mmの真鍮線を仕込ませたので、
刺さっているだけです。
そのため、気が向いたら他のスポイラーも作成して
簡単に交換できる様になります。
c_countach_LP500Si16.jpg
シャシーを仮組してみたら、ボディーのデブさが気になりました。
LP400と違い、サイドステップ、超扁平タイヤが
フジミボディーのデブさを強調してしまっていると思います。
LP400はシャドウを下塗りして誤魔化しましたが、
アニバはそうはいきません。そこで大手術を決行。

⑧リアバンパーの取り付け位置を調整します。
ボディーテール部の取り付け部を上写真の様に
エンド側1mmフェンダー側2mmカットして取り付けなおしました。

c_countach_LP500Si17.jpg
⑨フロントスポイラーとバンパーを切り離して1mm平行にカット。
バンパー形状を修正して再接着か、

c_countach_LP500Si15.jpg
何と!
密かに確保していた!イタレリのアニバ楽天で探す)
バンパースポイラーを移植します。
⑩サイドステップも一旦切り離し、
イタレリアニバのサイドステップを移植します。
リアバンパーは共に修正済みですが、
サイドステップとフロントスポイラーは
上が移植前。下が移植後です。サイドステップは2.5mm延長
フロントバンパーは3mm幅詰めでおおよそフィットします。
これでノーズ1.1mm、サイド2mm、テール2mm
のダイエットになります。

c_countach_LP500Si14.jpg
実車換算では24倍ですから4cm程度ボディーが薄くなるので、効
果絶大ですよ。
小さすぎる?様に見えていたキャビンも相対的に大きくなり、
バランスが整えられたと自負しております。
それから、お得意の「ルーフ削り」を実施。
特に前側を削ってやりました。
フロントウインドウ枠の筋が消える程度削ってやります。
もちろん筋は彫りなおします。


フジミ 1/24 ランボルギーニ カウンタック 25thアニバーサリー(楽天で探す)


アイドロン 1/43ランボルギーニ カウンタック 25thアニバーサリー(楽天で探す)


RIM 1/43ランボルギーニ カウンタック 25th アニバーサリー(楽天で探す)

関連ページ
ランボルギーニ ミニカー グッズ 検索

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://carrozzerriapassione.blog101.fc2.com/tb.php/226-b51893be