--/--/-- -- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
fujimi_miuraSV2.jpg
fujimi_miuraSV3.jpg
これは、フジミのランボルギーニミウラ 1/20モデルがベースです。ミウラ400Sでの失敗を教訓に、今度は、ビックスケールは存在感が違うよ。少々ボディラインが違っても、良く見えるさ!
まあ、このダックテールとコルベットスティングレイもどきのフロントフェンダーを修正すれば大丈夫さ!
おまけに走るぞ!しかも、1800円!と思っていたのですが。。。またやってもーた!!!

(2005年度作品。こんな完成写真が、パッケージに掲載されているにもかかわらず、当時目の肥えていない私は購入してしまった・・・。全く学習できていない。)

直せば直すほど悪い部分のバランスが目立ってきた。おまけに、でかいから修正にやたら労力を要する。た、助けてくれ~っ!!!というわけで、結局、このSVなのにまつげ仕様のSV(これぞ真の飛鳥ミノル仕様?)は、テールを直してSにしたほうが楽か?でも、Sは童友社のがあるし。。。まあ、SVにしておくか。トホホ。。。

まずは、フロントです。
c_miuraSV7.jpgc_miuraSV1.jpg
①フロントフェンダーの削りこみ。フェンダーは貫通するほど削ったので ホルツの車用(当然?)ポリパテで裏打ちしました。→強度不足が怖い!
②まつげの部品が入る穴のウインドウ側を埋めました。また、まつげ部品を土台にしてポリパテを盛り、すり鉢状に加工。その後、ボディ裏から接着して、さらにパテで継ぎ目を均しました。
c_miuraSV11.jpg
③ボンネットのなんていうのかな?四角くて黒い部品のはまる穴を、中央よりに1.5ギザ分延長しました。枠みたいな縁は、プラ板の細切りを貼り付けて、適当に均しました。はまる部品はギザギザのピッチが荒いので、プラ板に細かいピッチの溝をPカッターで掘り込み、自作しました。
④真中の溝を一度、プラ板で埋めて、Pカッターで細く入れなおしました。
c_miuraSV10.jpg
⑤ラジエタ-の開口部?に、はまる部品が、SともSVとも言えない部品だったので、プラ板をあぶってある程度変形させて、接着し、削って仕上げました。
内側に見えるプラ板は、レンズの接着しろです。レンズは、カウンタックレーシングのあまり部品で、
ちょうどいい具合に湾曲したレンズがあったので、それから切り出しました。
c_miuraSV5.jpg
こんな感じになります。


ミウラ P400 SVのプラモデル(楽天市場で探す)

苦労したくない人はミニカーを買おう!(笑)

【ミニカー】オートアート[AUTOart] 1/18 ランボルギーニミウラ SV(オレンジ)


【京商】ランボルギーニミウラSV 限定ゴールドカラー【1/18ミニカー】


ランボルギーニ・ミウラ/ミウラ・イオタ


名車シリーズ 別冊VOL.6 ランボルギーニ ミウラ

関連ページ
ランボルギーニ ミニカー グッズ 検索
ランボルギーニコレクション
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://carrozzerriapassione.blog101.fc2.com/tb.php/106-d4aefec0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。