--/--/-- -- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
c_dino9.jpg
ノーズの先端上に、1mm厚のプラ板を3mm幅位に切ったもの(実はゴミ)を貼り付けてやり、パテで均して、断面のRを中央が一番大きくなるようにすると、良い味出てきます。どうですか?写真が駄目か。。。
c_dino8.jpg
リアウイングは、1mmのプラ板と0.5mmのプラ板で自作です。それぞれの短冊状の板を斜めに貼り合わせて、瞬着とパテで均しました。前後方向はキットのものと同じ長さです。幅は少し増しました。翼端板はキットのものを仕様しました。前に転がっている塊はライトレンズを造るためのポリパテの塊です。ライト部にオロナインを塗ってから、ポリパテで埋め、削りだしました。ヒートプレスするので、材料厚分微妙に小さく削り込みました。(キットにはライトカバーが付属されていませんでした。)

”一台で2倍おいしい作戦”

もうすぐ、着色です。が、オリジナルは幻のため、いくつかのカラバリがあり、決め手となる資料がありません。また、フェッラーリのデザイナー、ピニンファリーナ氏のカラーリングの特徴、JGTCに参戦しているフェッラーリのカラーリングなどを意識すると、非常に悩んでしまいます。そこで、色の違う部品を2個作って交換出来るようにすればいいじゃん!と思い、寄り道になりますが、早速、スポイラーを複製することにしました。
c_dino15.jpg
まずは、型です。市販の型取りグッツは、大量販売のため安いのでしょうが、そんなに使う予定が無い私にとっては高価なので、たまたま家にあった補修材で型取りすることにしました。枠は軟膏薬の空き箱です。
c_dino16.jpg
補修材を型に充填して、オロナインを塗ったオリジナルを、押し込みました。
補修材なんか使わなくても油粘土で十分だったような。。。
c_dino17.jpg
一応、型取れました。
c_dino18.jpg
次に、部品にする材料ですが、やはり、市販の材料は大量販売のため安いのでしょうが、そんなに使う予定が無い私にとっては高価なので、プラスチックの削りカス+瞬着を使ってみました。型には、オロナインを塗っておきます。実は、魔が差して私はオリーブオイルを塗ってしまったので後で大変でした。型にプラ粉を敷き詰めて、瞬着をボタボタとまんべんなくたらします。瞬着の使用量は思ったより少なくて済みました。多分1g位で足りたと思います。固まったら、型から外して仕上げます。離型材にはオリーブオイルは駄目でした。おかげで型が使い物にならなくなってしまいました。。。
c_dino19.jpg
最初は、こんな感じに仕上げます。写真で見える面は貼り付いた型を剥がしただけです。エッジのあたりを多めに削ってプラ板を貼り付けてみました。後は溶きパテを塗って滑らかに仕上げれば良いでしょう。これ、プラ粉と瞬着の塊ですが、結構丈夫ですよ。
リアウイングは1mm厚のプラ板を切り出し、Pカッターで切れ目を入れて、角度を折り曲げて付けます。溝は瞬着を流し込んで埋めてやります。

関連ページ
ゲット!フェラーリ ディノ 206 コンペティツィオーネ
フェラーリ ミニカー グッズ 検索
フェラーリ・グッズの店 BENEROSSO
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://carrozzerriapassione.blog101.fc2.com/tb.php/102-d2ce076f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。