--/--/-- -- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
diabroGTR
写真は、以前自らgalleriaに投稿しようと撮影したものの画質が悪くお蔵入りしたマテルのディアブロGTRとオートアートGTRのツーショット写真です。
左がいじくり倒したマテル(詳細はコチラ)で、右がオートアートです。オートアートは、お値段が比較的お高いだけあってクオリティ、スタイリング共に完成度が高いですね。一時は入手困難になり価格高騰しましたが、再販され、現在では品薄ながらも、定価以下で購入可能のようですね。
オートアート製は、フロントバンパー部?インレット付近以外はほぼパーフェクトといっても過言ではないのではないでしょうか?しかし、その実車との相違点は、悪くない方向なので、個人的には許せます。マテルは、どんなに盛ったり、削ったり、傾けたり、ディティールアップしても、フロントウインドウが傾きすぎているため、限界があるように思えます。
当carrozzeriaで手直ししたマテル製ディアブロのフロントビューはなかなかいけてるでしょう?

関連ページ
お気に入りのランボルギーニディアブロを探そう!
ランボルギーニコレクション

ディアブロトロフィーの動画が観てみたいなー。。。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://carrozzerriapassione.blog101.fc2.com/tb.php/10-d3773274
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。