c_koenigTR6.jpg
ホイールを代えただけの状態。特に問題ないように見えますが、現在製作中の少しローダウンした512TRよりも車高が高くなってしまっているので、こいつも車高を落としてやることにします。
ドアにサーフェイサーが吹いてあるのは、この車体も348とともに火傷を負ってしまったので、修繕したのです。
c_koenigTR7.jpg
0.5ミリ強ほど落としました。
c_koenigTR-8.jpg
自業自得ですが、超マッシブボディなのウイングの無いリアは寂しいです。しかし、キットのウイングは紛失してしまいました。ジャンク箱をあさっていたら、ランチアターボのウイングを見つけたので付けてみることにしました。偶然にもステーの幅がピラーの幅とほぼ一致!採用することにしました。

関連ページ
フェラーリ ミニカー グッズ 検索
フェラーリ・グッズの店 BENEROSSO
スポンサーサイト
c_koenigTR3.jpg
(2005年より製作開始?)
太いタイヤ好きの私にはたまらないケーニッヒぺスペシャルズ。オークションでジャンク¥300で売りに出されていたので拾ってあげました。ジャンクだったので少し手直しして仮組してみると、スケール的には正しいのかもしれませんが、旧車のためか、ボディが大きく長い割にはタイヤが小さ過ぎるように思えます。とくに、512TRをいじくっていればなおさらです。そこで、製作に挫折したディアブロSVMY99のホイールに交換。前輪だけインチアップしてみました。

c_koenigTR4.jpg
何となく、フロントグリルをいじってしまいました。
c_koenigTR5.jpg
(当時、288GTOにメロメロだった私は、こいつのテールまでダックテール化してしまいました。今では、いじらなければ良かったと後悔しています。)

関連ページ
フェラーリ ミニカー グッズ 検索
フェラーリ・グッズの店 BENEROSSO
P400Slogo.jpg
カッケー。このロゴ格好良過ぎ!こんなデザインしたあんた、一体何者だい???

miuraP400S1.jpg
当時の出来立てホヤホヤの写真です。現在のようなガレージもなく、黒い机、黒い工具箱をバックに撮影していました。カメラも、現在から見れば低解像度でした。
IMGP1715.jpg
最近の転居に伴う、ガレージのレイアウト変更などをきっかけに、少しばかりのリペア、再撮影しながら、再展示していくことにしました。
IMGP1718.jpg
リペアといっても、このミウラの場合は、当時省略していた超細目のコンパウンドで少々磨き、WAXを掛けただけです。
miuraP400S6.jpg
これは、当時の写真。
IMGP1720.jpg
写真では解らないかもしれませんが、冷暗所かつ、水桶も隣接して展示していたのに、いつの間にか塗装がボロくなっていました。やっぱ、塗装工程の処理の仕方とかに問題あったのかなー?皆さん、どうですか?
IMGP1724.jpg
このミウラは相当いじくり倒しましたが、後になって、ベストモデルと賞賛されているミウラがハセガワから発売されてしまいましたね。

ハセガワ 1/24カーモデルシリーズ ランボルギーニ ミウラ P400 SV
スタジオ27 1/24 ミウラ・イオタ用グレードアップパーツ エッチングパーツ ハセガワ対応【FP24...

IMGP1725.jpg
いじくり倒したにもかかわらず、仕上げも悪いし、フェンダーのラインもガタガタ・・・ボロイですねー。未熟でした(今も・・・)。 しかし、何だか格好良く見えるんですよね。自分で作ったから?「ボロ格好良い」ミウラということにしておきましょう。
IMGP1722.jpg
仕上げは、ご覧の通り荒いですが、ライトは自分なりにイメージ通りに表現できたと思います。
IMGP1713.jpg
ベストモータリングのサーキットの狼バトルで疾走するミウラのヘッドライトが、私には「イオタ」?と見間違えてしまうほど、レンズカバー下のライトユニット?が主張していたのです。

IMGP1719.jpg
漫画”サーキットの狼”では、飛鳥ミノルの愛車として、活躍しました。
サーキットの狼Ⅱ「モデナの剣」では、ミウラのオックスこと、三浦美奈子の愛車として活躍しました。

【中古】■『池沢さとし』モデナの剣全25巻完結

作るのが面倒な方はミニカーを買おう!(笑)

KYOSHO 1/18 ランボルギーニ ミウラ P400S


名車シリーズ 別冊VOL.6 ランボルギーニ ミウラ

関連ページ
ランボルギーニ ミニカー グッズ 検索
ランボルギーニコレクション
c_348ts16.jpg
炎上?からの奇跡の復活!はならず、結局リベンジです。(もう一個買いました(涙))
フロントバンパーを一旦切り離し、先端部を少しお辞儀させるようにボリュームアップかつ、0.5mm程延長しました。(お辞儀させるために、写真のような三角形状に肉付けしました。延長は、伸ばすためではなく、お辞儀によりバンパー長が短くなる分を補うためで、タイヤハウス側に0.5mmのプラ板を貼り付けて整えました。)
キットのドア部はF355のように処理されていたので、この際、手直しすることにしました。以前の写真と見比べるとどのように違うかわかると思います。348はオールドモデルなのでフシブシに「カキーンッ!」というエッジの効いたディティールが見られ、そこが魅力的に思えます。
c_348ts17.jpg
二回目のチャレンジだけあって、進行が早く、かつディティールもアップさせられました。

関連ページ
フェラーリ ミニカー グッズ 検索
フェラーリ・グッズの店 BENEROSSO
大事故発生でです!!!
ハロゲンヒーターの前で乾燥させていたら変形してしまいました(号泣)。
c_348ts14.jpg

ダメージがドアノブのモールにまで及んだため、もはや修正不可能・・・。
c_348ts15.jpg

やけどを負った部分を切除、新しい皮膚?を移植することにしました。マジ凹みました。大ショックです。。。


もう、カンティ  ロッソ VdT飲んでフテ寝するしかありません。

フラテッリ・マルティーニ・セコンド・ルイージ社は、
スポーツ大会などのスポンサーとしても幅広い活躍をしています。
その中でもひときわ目を引くのは、「2003 EUROPEAN FERRARI CHALLENGE
(ヨーロピアン・フェラーリ・チャレンジ)」において、
同大会のメインスポンサーとして参加しました。
ヨーロッパのメインサーキットで、
「CANTI」のロゴをまとったフェラーリが熱いバトルを繰り広げたことにより、
「カンティ」ブランドは「フェラーリのカンティ」として広くその名を知られるようになりました。

しかし、このままでは怒りが収まりません!そこで、デッドストック化していた

フジミ 1/24 【自動車 プラモデル】 フェラーリ 512TR
を開封したのでした。。。 

おかしいなー?作るの嫌いなんだけど。(ボソッ)

フェラーリ ミニカー グッズ 検索
フェラーリ・グッズの店 BENEROSSO