ディアブロシリーズの中で私が最も好きなのはSE30ですが、Aaや京商さんはなかなかリリースしてくれません。悲しいです。
そんなメーカーさんに痺れを切らしたこと、GWであること、以前ジャンクで入手したディアブロイオタがころがっていたこと、製作に挫折していたフジミのディアブロSVがジャンク化していたこと、引越しによる展示品のリペアにより工具がスタンバイ状態にあることが、ついに、作るの嫌いな私の重い腰を上げさせました。
c_diablose30_1.jpg
禁断の製作に足を突っ込んでしまいました。ディアブロSE30を作るならフジミのSVをベースにすればいいかと思いますが、フジミのSVはボディーが使い物にならない状態になっていたのでマイストのディアブロを使うことにしました。また、マイストのディアブロは、ディティールが荒く、実車との相違点がいくつかありますが、基本的なフォルムは良く、磨けば光る原石に思えました。フジミのディアブロは何となくですが、フロントの絞りが足りないというか、四角すぎるというか、アングルによってはとっても格好良いのですが、存在感重視の私にとっては、マイストの方に可能性を感じました。
c_diablose30_2.jpg
分解は簡単にできました。
主な改造点をメモしておきます。
①Bピラー?の位置および、小窓の形状変更。
②リアスポイラー、サイドウインドウ、フェンダーミラー、リアバンパースポイラー等、フジミSVから移植。
③フロントバンパーの形状修正。


オートアート 1/18 ランボルギーニ ディアブロ 6.0 イエロー
高速道路で見たディアブロ6.0のテールに、稲妻のような衝撃を受けました。テールランプのハウジング?がボディーと同色なのが、超格好良いと思います。どうせ、実車と同じディティールにとことんこだわるつもりも無いので、テールランプは6.0のようにしてみたいと思います。しかし、問題なのはカラーはパープルが良いと思っていたのですが、ボディ同色のテールが似合うのは黄色や白などのライトカラーだと思っているのです。どうしたものか・・・・ライトパープル???
現在、思案中。


【プラモデル・自動車】 フジミ 1/24 ランボルギーニ ディアブロSV MY99


ランボルギーニ・ディアブロ

関連ページ
ランボルギーニ ミニカー グッズ 検索
ランボルギーニコレクション
スポンサーサイト
いきなり飛びますが、人生初の塗装の「剥離」ちゅうもんをやってみました。毒性が強そうなので、場所さえ気を配れば特に難しいことなく簡単にできました。
c_diablose30_3.jpg
フロントバンパーを寝せる方向で削り、リップスポイラー部を1ミリ延長してみました。Bピラーって言うんですか?はニッパーで切り取り、フジミディアブロの小窓が取り付くように窓枠部をリューターとやすりで整えました。ワイパーが付いていた穴は瞬着とパテで埋めました。エンブレム取り付け部の凹は、位置決めのためにタトゥーシールを貼ってからリューターでジュビーンと大雑把に削り、自作の強力な彫刻刀で整えました。ウインカーやバンパーライトのハウジング部もフジミのクリアパーツがはまるように、掘り込みました。プラと違って超硬いです。作業により汗がにじんできました。豆もできました。心が折れそう・・・。ユーチューブで「カペタ!」観ながら頑張りました。
c_diablose30_4.jpg
サイドスカート下部を、大きな弧を描くように削りました。
c_diablose30_5.jpg
フジミディアブロのリアスポイラーを仮載せしてみると、スポイラーの大きさの矛盾なのか?取り付け位置とテールエンドの位置関係がなにやらおかしいです。かえるさんに資料の収集を手伝っていただいて検討していると、テールの角度がおかしいことに気が付きました。立ちすぎていたんですね。
AaのディアブロGTRを手本に削り込んでいきました。

DIABLOvsCOUNTACH.jpg
AaGTRは、WAXがけして、ガレージに収納しました。カウンタックシルエットとの夢のツーショット!模型ならではの楽しみっス!


ランボルギーニ・ディアブロ

関連ページ
ランボルギーニ ミニカー グッズ 検索
ランボルギーニコレクション
c_diablose30_6.jpg
資料の写真を見ながらエッジのラインをマーキングして面を整えていきます。Bピラーをマイストディアブロのドアに習って付け直したら前過ぎてしまいました。マイストのドアが短かったんですね。Bピラー切らなくて良かったかも・・・。
マイストのドアは実車と比べると短過ぎるようですね。開閉機構は削除して継ぎ目を埋めて、筋を彫らなければならなくなりました。リューターで筋彫りするガイドになる程度の溝を掘り、後ひたすらPカッターでコリコリ掘り進めます。一堀0.01ミリ×30回=0.3ミリ位かな?気長な作業です。
ここまでするなら、フジミのディアブロ買って改造した方がよかったんじゃないのか?と少々後悔しております。ただ、現在の私の技術、知識ではホイールの改造は難しそう。SE30のホイールは格好良いのでこだわりたいところです。

c_diablose30_7.jpg
テールは上側1ミリくらい、下側2ミリくらい削りこみました。私が最もそそられているディアブロのチャームポイントのテールが何とか表現できました?プリリンっ!って感じの少しツンととがったヒップがたまりません(笑)


ランボルギーニ・ディアブロ

関連ページ
ランボルギーニ ミニカー グッズ 検索
ランボルギーニコレクション
c_diablose30_8.jpg
フジミディアブロのリアスポイラーを下駄上げして載せてみました。(1.2mmプラスくらい)
マフラー&バンパースポイラー?はどうしようか考えましたが、「オリジナルに忠実」を意識するなら、フジミディアブロSVの物を使用するのが正解でしょうが、スッキリシンプルデザインのキット?のものを使用することにしました。しかし、マフラーは、少々おとなしすぎるように思えたので、太い二本出しにしてみます。
次回は、クリアパーツ類を、きっちりはまるように微調整してから、サーフェイサーを掛けてみます。

ランボルギーニ・ディアブロ

関連ページ
ランボルギーニ ミニカー グッズ 検索
ランボルギーニコレクション
c_diablose30_9.jpg
久しぶりのディアブロです。
別にサボっていたわけではないんですよ。
トランクや、ドアの隙間埋め&筋彫りに難航中です。隙間はエポキシパテで埋めるべきだったかもです。金属とパテとの硬さの違いからチカラ加減が難しいというか・・・。しかし、もう一息で仕上げのサーフェイサーを吹けそうです。写真は、たくさん削ったことや、もともと表面の平滑さがいまいちだったために、一旦サーフェイサーで凸凹チェックしているの図です。クリックしてオリジナルサイズで見ると、あと一息なのがわかると思います。
そろそろ、カラーリングを検討しなければいけませんね。ディアブロSE30といえばパープルですよね?でも、ランボは黒?白も良いね!オレンジ&ブラックも捨てがたい・・・・。


ランボルギーニ・ディアブロ

関連ページ
ランボルギーニ ミニカー グッズ 検索
ランボルギーニコレクション
仮組してみました。
タイヤは、フジミのディアブロのものを流用します。ホイールをちょいと加工してやるだけで取り付けられました。
c_diablose30_10.jpg
リアパネルとリアフェンダーの境目のR処理がきつすぎるようです。少し削らないといけませんな。また、バンパースポイラーが少し長いのでこれも削る方向で整えてやります。
ああー、なかなか塗装にたどり着きませんなー。


ランボルギーニ・ディアブロ

関連ページ
ランボルギーニ ミニカー グッズ 検索
ランボルギーニコレクション
c_diablose30_10.jpg
c_diablose30_11.jpg
c_diablose30_12.jpg
リアパネルとリアフェンダーの境目のRを修正しました。
バンパースポイラーを一旦分割して短くしました。
微妙な違いですが、わかりますかね?前回と写真がダブりますが、一番上が修正前です。


ランボルギーニ・ディアブロ

関連ページ
ランボルギーニ ミニカー グッズ 検索
ついに来た!?待ちに待ってた!?ディアブロ イオタ 1/18!
何で”?”が付くのかというと、APMのレジン製なので値段が・・・・
何で、普通にオートアートで発売してくれないのでしょうか(涙)
でも非常に欲しい!あなたなら何色?ランボならやはり黒?




1/18 ランボルギーニ ディアブロ SE30 イオタ(楽天市場で探す)


ディアブロSE30だからパープル?


イエローも良いですね~。

関連ページ
ランボルギーニ ミニカー グッズ 検索