c_countachcorsa11.jpg

c_countachcorsa15.jpg
これは、フジミのランボルギーニカウンタックレーシング 1/20 モデルがベースです。
当時、3500円だったらしいですが、ヤフオクで激戦の末、2250円で落札入手しました。最近読み返した傑作漫画、”サーキットの狼の日光レース”に登場するハマの黒豹がドライブするカウンタックのシルエットフォーミュラに刺激されて製作を決意したのです。このキットと、漫画に登場するそれとはデザインがかけ離れているのですが、私の中で、入手や改造が難しいとされているホイール&タイヤを主な目当てとしていました。サーキットの狼の日光レースに登場した、サトシイケザワデザインのカウンタックのシルエットフォーミュラの詳細を知るには、躍動感あふれる描写だけではとても無理があったので、やはり、お得意のお好みモディファイをすることにしました。

c_countachcorsa10.jpg
まずは、フロントです。固定式ヘッドライトへの変更と、グリル部の丸穴(後でライトにします)は、原作のイメージを忠実に再現したつもりです。キットのフロントスポイラーは、カウンタックの原形を留めなくなってしまうと思い、使用しませんでした。グリルの開口部は、最新のランボルギーニのレーシングモデルであるムルシエラゴR-GTのイメージを取り入れてみました。ボンネットのアウトレットは無くても良かったのですが、JGTCに参戦していたカウンタックがそうだったのでパクリました。ボンネットの先端には、幅0-2-0mmの1mm厚プラ板を継ぎ足し、ノーズを延長しました。写真じゃ判らないかもしれませんが、このキットはミウラと違い、ボンネットのエンブレムは牛になっていました。良かった。良かった。後々、削り取れてしまったのですが・・・
c_countachcorsa2.jpg

c_countachcorsa8.jpg
裏は相変わらず汚いです。模型作りは”勢い”ですよ!



フジミ 1/24 ランボルギーニ カウンタック 25thアニバーサリー(楽天で探す)


アイドロン 1/43ランボルギーニ カウンタック 25thアニバーサリー(楽天で探す)


RIM 1/43ランボルギーニ カウンタック 25th アニバーサリー(楽天で探す)

関連ページ
ランボルギーニ ミニカー グッズ 検索
スポンサーサイト
c_countachcorsa3.jpg
サイドビューです。改造点は、
①ルーフからのエアインテイク追加。
②ウインドウ後ろのエアインテイク形状変更。
③サイドステップの新造。
④リヤのオーバーフェンダーパーツの小型化。キットのものは+8,9mm幅で、
テールまで拡大されていましたが、+5mmに抑え、テールはノーマルサイズにまで絞り込みました。

ミウラレーシングと比べると手直しが少ないように見えますが、フロントのデザインを決定するまでに3回くらい作り直しました。

c_countachcorsa1.jpg
c_countachcorsa4.jpg
トップビューです。
長さの割に幅がとてもワイドですね。
私の中では、スパーカー=ワイドボディなので◎です。ちと、度が過ぎているかな?

c_countachcorsa7.jpg
屋根裏はこんな感じです。

c_countachcorsa6.jpg
リヤビューはこんな感じです。
いじらなかったので、テールの高さというか軽さというか、が、よりカウンタックの特徴である、ウェッジシェイプを強調してくれます。キットのマフラーは2×2の4本出しですが、極部マフラーに使えそうな、ちょうど良いインクカートリッジの筒が手元にあったので、これを流用して、2本出しにするつもりです。


フジミ 1/24 ランボルギーニ カウンタック 25thアニバーサリー(楽天で探す)


アイドロン 1/43ランボルギーニ カウンタック 25thアニバーサリー(楽天で探す)


RIM 1/43ランボルギーニ カウンタック 25th アニバーサリー(楽天で探す)

関連ページ
ランボルギーニ ミニカー グッズ 検索
c_countachcorsa9.jpg
ドアミラーは、キットのものを使用してステーはランナーを利用しました。接着後翼断面形状に削りこんでやりました。ガルウイングドアの中央の窓枠は削除しました。リアウイングは、1mmのプラ板2枚重ねと1枚で自作です。それぞれの短冊状の板を斜めに貼り合わせて、瞬着とパテで均しました。前後方向は、なんとなく、マイブーム(死語)のJGTCのレギュレーションに合わせ、スケールサイズ40cm以下になるようにしました。幅もJGTCのレギュレーションに合わせ、車体の投影内に収めました。翼端板は0.5mmのプラ板で自作しました。ステーは1mm厚のプラ板をY字に切り出した2本柱タイプです。前に転がっている塊はライトレンズを造るためのポリパテの塊です。ライト部にオロナインを塗ってから、ポリパテで埋め、削りだしました。ヒートプレスするので、材料厚分微妙に小さく削り込みました。

c_countachcorsa12.jpg
いよいよ塗装です。
色は、多くの皆様に助言を頂きましたが、な、何と!白になりました。水性ホビーカラーの白を使い、エアブラシでシューッと吹き付けました。それから、写真で判るように、牽引用のフック?を付けました。

c_countachcorsa13.jpg
牛をくっつけてみました。原型はブラーゴのカウンタックのものを使用しました。型の取り方はディーノの馬と同じです。

c_countachcorsa14.jpg
これは、透明ランナーを利用して作るフロントマーカーランプです。

c_countachcorsa15.jpg
はめると、この様になります。網は、網やすりをフラットブラックで色付けしたものです。丸ライトのレンズは、ディーノ同様捨ててあったCDドライブを分解して、光ピックアップのレンズを取っておいたコレクション?の中から適当にチョイスして使用しました。


フジミ 1/24 ランボルギーニ カウンタック 25thアニバーサリー(楽天で探す)


アイドロン 1/43ランボルギーニ カウンタック 25thアニバーサリー(楽天で探す)


RIM 1/43ランボルギーニ カウンタック 25th アニバーサリー(楽天で探す)

関連ページ
ランボルギーニ ミニカー グッズ 検索
時は数年流れた・・・・・

c_countachcorsa16.jpg
塗装トラブルなど色々あって、いつの間にかこの様になってしまいました。
なんだか、カウンタックの離れしてしまい、ムルシー顔になってしまいました(汗)

c_countachcorsa17.jpg
当初水性カーラーで塗装していたのですが、乾きが遅く、ただでさえ遅い作業に拍車がかかってしまうので、ラッカー塗料に切り替えました。これが、地獄の始まりでした。水性カラーの上にラッカー塗料を塗ると、水性カラーが溶け出してしまいます。そして、みみずばれのようになってしまうのです!そのせいで、結局殆ど総塗り替えする羽目に合いました(涙)。また、ベースが余りにも古いために樹脂が劣化しているのか?おまけに、削りまくって、パテ盛りまくっているせいか?あちこちひび割れする始末(号泣)。そんなこんなで、ようやくここまで来ました。

c_countachcorsa18.jpg
デカールはミウラレーシング同様に控えめにしました。下地が白なので、タトゥーシールをそのまま貼りました。UVカットクリアーを吹き、さらに、スーパークリアーでトップコーティングしました。後はじっくり乾燥させて、研ぎ出し&窓枠などの仕上げ塗装です。ライトレンズカバーは、材料に団子の空き容器(うすいPS)を使用して、ヒートプレス成型しました。ドアの窓は空き箱のPET樹脂?から切り出しました。透明部品の接着は、細切りの両面テープで行います。


フジミ 1/24 ランボルギーニ カウンタック 25thアニバーサリー(楽天で探す)


アイドロン 1/43ランボルギーニ カウンタック 25thアニバーサリー(楽天で探す)


RIM 1/43ランボルギーニ カウンタック 25th アニバーサリー(楽天で探す)

関連ページ
ランボルギーニ ミニカー グッズ 検索