c_urraco2.jpg
(2005年度作品。)
最高速度が評価を大きく左右していた子供のころは、全くノーマークでした。しかし、ミウラの製作のために様々な資料を観ているときにチラホラと現れるウッラコの紹介。何かこれ格好良いかも。。。。という思いが次第に大きくなってきて、ついにヤフオクで落札。1900円也。第一印象は、結構でき良いんじゃない?部品点数も少ないしやっと楽にできるモデルにめぐり合えたか!しかし、良くみると、リアのタイヤハウスが四角いはずなのに丸くカットされていました。まあ、これくらいはすぐに直せるので良しとしましょう。タイヤハウスの修正は1ミリ厚、3ミリ幅のプラ板にRをつけて接着しました。それから、これタイヤでか過ぎですよね?
以下のようにフジミのカウンタックLP400のホイールセットと交換する事にしました。
c_urraco1.jpg
このモデルは、最初から結構シャコタンでした。スーパーカーの特徴を捉えていて良いですね。あ、そうそう、ウインカーが何処仕様か知りませんが、四角くてデカイなーと思ったので、削り取って小さい点みたいなのにすることにしました。それから、サイドのベルトーネのエンブレムが横に広がって変な形をしていたので、これも削り取り、後でシールを貼り付けることにしました。これで、もう直すところは無いでしょう???良かった。良かった。

関連ページ
ランボルギーニ ミニカー グッズ 検索
ランボルギーニコレクション
スポンサーサイト
c_urraco3.jpg
まだ、直すところがありました。リアバンパーの下辺りに、四角い穴が6個開いているはずなのに、開いていませんでした。ノギスと、定規、カッターナイフを使って、適当に。。。。
c_urraco5.jpg
まだ、直すところがありました。フロントグリルです。実物は修正箇所のように、ミウラSVを髣髴とさせる長方形+半円形なのですが、キットは長方形でした。そんな仕様もあるのかな????
c_urraco4.jpg
いよいよ塗装です。色は、タミヤの缶スプレー、メタリックブルーがそこらに転がっていたのでこれに決定。皆様に、色々なご意見を頂戴したにもかかわらず、かなり投げやりな選定方法。資金難が原因か!?皆さん本当に、ごめんなさい!



関連ページ
ランボルギーニ ミニカー グッズ 検索
ランボルギーニコレクション
キ、キター!何とウラッコラリーが京商からリリースされます!!!しかも、1/18!!!ワンオフのマイナーマシンなのに!!!ナンテコッター!!!京商さん!ブラボー!!!
  
京商 1/18 ランボルギーニ ウラッコ ラリー(楽天市場で探す)
大人気のストラトスターボでさえ、1/18モデルが無いのに何故ウラッコラリーがいきなり1/18???嬉しいけれど、謎だ~。

関連ページ
ランボルギーニ ミニカー グッズ 検索
urraco16.jpg
写真のウッラコはLS(1/24)のものです。※

※日本ではウラッコの名で通っていますが、スペルをイタリア語で読むとウッラコとなると思うのですが・・・。正確にはどのように発音するのでしょうね?

urraco1.jpg
1969年、ランボルギーニの創始者、フェルッチオランボルギーニは、ドイツ生まれのリアエンジンスポーツカーポルシェ911のマーケットの一部を切り崩すことを目標に、911と同程度の価格で、2+2の室内空間を持つミッドシップカーの開発を命じたそうです。

urraco5.jpg
ウッラコP250とネーミングされたこの小型ランボルギーニは1970年トリノショーでデビューを果たしました。

urraco10.jpg
しかし、設計上の問題や、会社のトラブルなどにより、生産が始まったのは1973年になってからでした。

urraco19.jpg
ここで、紹介しているP250の後に発表されたP300はP250のボアを1mm、ストロークを11mm、それぞれ拡大することで2996ccを獲得し220HP→250HPにパワーアップしたモデルで、1974年にデビューしました。外観的にはボンネット上に設けられたエアアウトレットの形状が違うようです。tutta la galleriaにP300仕様のウッラコが投稿されています。

ボディーデザインは、P250が発表される3年前の1966年にデビューしたミウラP400と同じ、ベルトーネが担当しました。エンジンルーバーやフロントバンパーのウインカーにミウラP400SVの面影が見られますね。また、ウエッジシェイプ(くさび形)のボディーラインは、2年後の1971年にプロトタイプが発表されるカウンタックLP500の登場を匂わせています。

urraco02.jpg
urraco03.jpg
漫画”サーキットの狼(楽天で探す)”では、暴走族「影法師」の会長が公道グランプリに出場し、 一時はトップを走るも、トヨタ2000GTを駆る隼人ピーターソンの悪質な攻撃により、時速200キロ以上のスピードでコントロールを失い立ち木に激突炎上してしまいました。会長は上手く飛び降り?一命を取り留めました。

urraco04.jpg

更には、暴走族取締り専門のパトカー隊「新撰組」の隊員、土方年男がA級ライセンス取得試験の一つである模擬レースに参加。風吹のロータスヨーロッパターボ、早瀬のポルシェ930ターボに次ぐ3位でフィニッシュしました。







ランボルギーニ ウラッコ(楽天市場で探す)

関連ページ
ランボルギーニ ミニカー グッズ 検索